読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(仮)名前はまだない

沖縄やダイビングほかいろいろな雑記

お婆ちゃんみたいな人から「おじさん」て言われたくね~わ

いつも通り外に置いてあるソファで晩ご飯を食べていたときのことである。

「あの~ここへ行くには・・・ああ そうですか。どうもすいません。」

道をはさんで向こう側で何かを尋ねている人がいるようだ。

どうやら目的のお店があるらしい。

既に夜の6時半をまわっている。夕食だろうか。

この近所なのは分かっているが、この辺りに詳しい人に聞くほうが早い。

そんな雰囲気さえ漂っている。

「じゃあ あのおじさんに聞いてみよっか」

何やらこちらへ近づく人影が・・

いやな予感

「あの~」

えええええ!!?

あのおじさんて僕のことですかあ????

もうね。びっくりしました。僕とこのおかんと同い年くらいの人

もうお婆ちゃん

孫と思われる中学生くらいの子とその旦那(もちろんお爺ちゃん)と3人で道を聞きに来た

ガイドブックか旅行会社かの印刷した地図を見せられて、ここに行きたいんですけど~て

あのなあ
スマホとか持ってないの?

向こうにまだ3人ほどいるけど同じグループでしょ?

マジで誰一人としてスマホとか持ってないわけ?

大は小をかねる的に、
お婆ちゃんからおじさんて言われたくね~わ!

事実、おっさんだけどね。

自分で「おっさん」て言うのはいいけど人からは言われたくない。

難しいおっさんです。はい。 

一瞬、大阪人としての血が騒ぎだして
「おじさんって僕のことですかあああ?」
みたいに軽くツッコんでやろうかと思ったけどやめた。

せっかく家族旅行たのしんでる時になんか悪いじゃん。

こっちは晩ご飯食べてる時に見にくい地図みせられて、

「ああ 〇〇号線がこれだから その道を右ですね・・・」

って、あとで心配になってスマホで確認したらあってたよ!

ではでは^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。